hagio.org - 日記

Powered by PENS


Index

2009: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2010: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2011: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2012: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2013: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2014: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2015: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2016: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2017: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)

今月のアルバム [ 投稿 | 編集 ]


編集

June 2017

Jun 15 (Thu)

18:46

某件でバタバタしているうちに 6 月も半ばになってしまいましたが。

今年の世界卓球選手権で見た試合のうち、個人的に一番アツかったのはこれ。

ふだん卓球見ない人もぜひ。

オフチャロフはバックハンドが手がつけられないくらいキレッキレだし、 丹羽も持ち味の高速カウンターが決まりまくるしで、お互いの良いところが存分に発揮された、 稀に見る良い試合だったと思う。 丹羽は日本人選手の中でもポーカーフェースの選手で、レシーブなんかは淡々とやっているように見えて やる気あるのかくらいにも思えてしまうが、それも緩急をつけるためなのか、カウンターの時の急な速さが尋常じゃない。 体の小ささをカバーするためにカウンターを武器にしたのかどうかはわからんが (162cm らしい)、 こういう独特の卓球をする選手は見ていて面白いし、魅せられてしまうね。

あとサーブ打つまでがすげー早いね。馬龍 (マー・ロン) とか丹羽の 3 倍くらい時間かける気がする。

ちなみに、実況で出てくる「ディーマ」というのはオフチャロフのあだ名(?) で、 「トマホーク」は、高く投げ上げてフォア側で打つしゃがみ込みサーブのことらしい。 オフチャロフと言えば、台張り付きからのバックサーブが十八番なのだと思ってたが、 ヨーロッパではトマホークの方が有名なんだろうか。 あと、「チョップ」というのは日本で言うカットのことだと思われる。 丹羽がよくやる台上カット (サイドツッツキ?) は珍しいんだろうかね。

5 月(2) へ


↑戻る