hagio.org - 日記

Powered by PENS


Index

2009: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2010: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2011: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2012: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2013: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2014: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2015: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2016: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2017: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)

今月のアルバム [ 投稿 | 編集 ]


編集

April 2012

Apr 27 (Fri)

08:04

SysVinit と Upstart と systemd の比較表。 systemd の開発者 Lennart Poettering の記事だけども。

Apr 21 (Sat)

10:51

VirtualBox のタイムキーピングの件、Guest Additons をインストールしたからだと思われるが、 ホストとゲストの時刻の差がある程度以上の場合、自動でホストの時刻に同期してくれるようだ。

[root@centos6 ~]# date ; date -s 6:00 ; sleep 10 ; date 2012年 4月 21日 土曜日 10:47:03 JST 2012年 4月 21日 土曜日 06:00:00 JST 2012年 4月 21日 土曜日 10:47:13 JST

ただし、時刻の差が大きくないと同期してくれない。この辺りに書いてある内容っぽい。

Apr 17 (Tue)

23:23

CentOS 6 で、iSCSI のターゲットを設定してみた。tgtadm が使いづらい。 LVM みたいにコマンドが多くなってもいいから、わかりやすいコマンドにして欲しいっすね…。

●使用するボリューム [root@courier ~]# lvs iscsi LV VG Attr LSize Origin Snap% Move Log Copy% Convert disk01 iscsi -wi-a- 10.00g ●準備 [root@courier ~]# rpm -q scsi-target-utils scsi-target-utils-1.0.14-4.el6.x86_64 [root@courier ~]# service tgtd start SCSI target daemon を起動中: [ OK ] ●iSCSI ターゲット名を決める ⇒ iqn.2012-04.org.hagio.courier:iscsi-disk01 ●ターゲットの作成、LUN の追加、ACL の追加 [root@courier ~]# tgtadm --lld iscsi --op show --mode target [root@courier ~]# tgtadm --lld iscsi --op new --mode target --tid 1 --targetname iqn.2012-04.org.hagio.courier:iscsi-disk01 ★1 [root@courier ~]# tgtadm --lld iscsi --op new --mode logicalunit --tid 1 --lun 1 --backing-store /dev/mapper/iscsi-disk01 ★2 [root@courier ~]# tgtadm --lld iscsi --op bind --mode target --tid 1 --initiator-address 192.168.122.60 ★3 [root@courier ~]# tgtadm --lld iscsi --op show --mode target Target 1: iqn.2012-04.org.hagio.courier:iscsi-disk01 ★1 で作成されたもの System information: Driver: iscsi State: ready I_T nexus information: LUN information: LUN: 0 Type: controller SCSI ID: IET 00010000 SCSI SN: beaf10 Size: 0 MB, Block size: 1 Online: Yes Removable media: No Readonly: No Backing store type: null Backing store path: None Backing store flags: LUN: 1 ★2 で追加された LUN Type: disk SCSI ID: IET 00010001 SCSI SN: beaf11 Size: 10737 MB, Block size: 512 Online: Yes Removable media: No Readonly: No Backing store type: rdwr Backing store path: /dev/mapper/iscsi-disk01 Backing store flags: Account information: ACL information: 192.168.122.60 ★3 で追加された ACL

イニシエータ側の操作は iscsiadm で行う。

追記 (2012-04-18)
各種スクリプトを読んだところ、以下の方法が簡単で、理にかなっていることがわかった。

●準備 [root@centos60 ~]# rpm -q iscsi-initiator-utils iscsi-initiator-utils-6.2.0.872-34.el6.i686 ●discovery & login [root@centos60 ~]# iscsiadm -m discovery -t st -p 192.168.122.1 iscsid を起動中: [ OK ] 192.168.122.1:3260,1 iqn.2012-04.org.hagio.courier:iscsi-disk01 ここで iscsid サービスが自動的に起動する。 [root@centos60 ~]# iscsiadm -m node 192.168.122.1:3260,1 iqn.2012-04.org.hagio.courier:iscsi-disk01 [root@centos60 ~]# iscsiadm -m session iscsiadm: No active sessions. この状態で、iscsi サービスを起動すれば、自動的にログインしてセッションが張られる。 また、シャットダウン時には自動的にログアウトも行ってくれる。 [root@centos60 ~]# service iscsi start iscsi を起動中: [ OK ] [root@centos60 ~]# iscsiadm -m session tcp: [4] 192.168.122.1:3260,1 iqn.2012-04.org.hagio.courier:iscsi-disk01 ●SCSI ディスク確認 [root@centos60 ~]# cat /proc/scsi/scsi Attached devices: Host: scsi1 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00 Vendor: QEMU Model: QEMU DVD-ROM Rev: 0.12 Type: CD-ROM ANSI SCSI revision: 05 Host: scsi3 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00 ★コントローラ Vendor: IET Model: Controller Rev: 0001 Type: RAID ANSI SCSI revision: 05 Host: scsi3 Channel: 00 Id: 00 Lun: 01 ★追加した LUN Vendor: IET Model: VIRTUAL-DISK Rev: 0001 Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05 [root@centos60 ~]# fdisk -luc /dev/sda ディスク /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 バイト ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 10240, 合計 20971520 セクタ Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes ディスク識別子: 0x00000000 ディスク /dev/sda は正常なパーティションテーブルを含んでいません

iSCSI ディスクを使用する上で注意する点は、/etc/fstab に追加する場合、 マウントオプションに _netdev を追加すること。

22:19

MacBook Air + VirtualBox が想像以上に快適だ。 CentOS 5 と CentOS 6 を入れてみたところ、少し CPU 使用率は高い (待機時 15 ~ 20%) ものの、 Core i7 とフラッシュストレージのおかげか、何のストレスもなく動作する。

ちょっと気をつけないといけないのは、スリープするとそれだけ時刻がずれてしまうこと。 常にネットワークに繋がっているわけでもないので NTP も使えず、タイムキーピングが難しい。 まぁ、こんな環境だし、時刻なんて必要な時に ntpdate すればいいか。

4 月(1) へ


↑戻る