hagio.org - 日記

Powered by PENS


Index

2009: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2010: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2011: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2012: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2013: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2014: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2015: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2016: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)(2)
2017: 1月(1)(2) 2月(1)(2) 3月(1)(2) 4月(1)(2) 5月(1)(2) 6月(1)(2) 7月(1)(2) 8月(1)(2) 9月(1)(2) 10月(1)(2) 11月(1)(2) 12月(1)

今月のアルバム [ 投稿 | 編集 ]


編集

June 2013

Jun 29 (Sat)

21:36

今日は友達とツーリング予定だったんだが、朝 6 時頃起きたらその友人からメールが来てて、 なんと財布や家の鍵を失くしてしまったということで (家にも入れないとのこと)、 早朝ドタキャンになってしまったのであった。なんつータイミングで失くすねん。

当然、ツーリング熱が高まっているオレはそのまま二度寝できるわけもなく、 奥多摩までひとっ走り行ってきた。ようやくカーブをうまく曲がれるようになってきた…。

その後、彼の貴重品も戻ってきたとのことだった。良かった良かった…。

Jun 28 (Fri)

21:51

ジーンズの尻部分が破れていることに気付いてなかった件。 ポケットは携帯の形状のせいでずっと破れていたんだが、尻部分も破れているとは…。 今週、会社に 2 回くらい履いて行ったがな… orz

20:48

Magic Trackpad の電池が切れた。 今回は電源を入れっぱなしの運用で、前回交換したのが 3/11 頃 なので、3 ヶ月強くらいで、頻繁に OFF にする場合と比較してちょうど半分程度の持ちだった。

年間のランニングコストがざっくり 100 円か 200 円かの違いか… 手間を考えてもかなり微妙なところ。 というのも、電源を切るのに、必ずスリープ前に、ボタンを 3 秒くらい長押ししなきゃいけなくて、 これが意外と面倒なんだよね… それくらいで、と大兄は思うかもしれませんが、ホントに。

Jun 25 (Tue)

23:13

getdents(2) を使ってみたくて普通に書いてみたんだが、呼べなくて小一時間ハマった。

[hagio@lucida c]$ cc -o getdents getdents.c /tmp/cc6cxWss.o: In function `main': getdents.c:(.text+0xe5): undefined reference to `getdents' collect2: ld はステータス 1 で終了しました

システムコールの中には、_syscall マクロや syscall(2) を使用しないと呼べないものがあるらしい。 知らなかった… man 2 intro 参照。さらに、getdents(2) は _syscall マクロでも呼べなかった。 これはアーキテクチャに依るのかもしらん (試した lucida は i386)。

/* for open(2) */ #include <sys/types.h> #include <sys/stat.h> #include <fcntl.h> /* for getdents(2) */ #include <unistd.h> #include <linux/types.h> #include <linux/dirent.h> #include <linux/unistd.h> #include <errno.h> /* for exit(3) */ #include <stdlib.h> /* for printf(3) */ #include <stdio.h> /* for __NR_getdents */ #include <sys/syscall.h> int main(int argc, char *argv[]) { int fd, ret; struct dirent *de; char buf[1024]; if (argc != 2) { printf("Usage: %s DIR\n", argv[0]); exit(1); } if ((fd = open(argv[1], O_RDONLY)) < 0) { perror("open"); exit(1); } while (ret = syscall(__NR_getdents, fd, &buf, 1024)) { if (ret < 0) { perror("getdents"); exit(1); } for (de = (struct dirent *)buf; (void *)de < (void *)buf + ret; de = (struct dirent *)((void *)de + de->d_reclen)) { printf("%ld %s\n", de->d_ino, de->d_name); } } close(fd); }

getdents(2) は想像以上に使うのが難しいね…。 for 文のキャストの部分で再度ハマり… これは単に C 言語を忘れてるだけだけど。

[hagio@lucida c]$ ls -ai tmp 12422628 . 12357721 .. 12422890 fuga 12422637 hoge [hagio@lucida c]$ ./getdents tmp 12422628 . 12422637 hoge 12422890 fuga 12357721 ..

20:54

ファネッフー!!

待望の『ハイスコアガール(4)』発売日。 ついでに何やら赤い本も買ってもうた…。

Jun 22 (Sat)

10:20

ワォ!

追記

今回のこいつはロジコマと言うらしい。これは 1/2 スケールくらい?

6 月(1) へ


↑戻る