Rsync

提供: Wikinote
移動: 案内検索

設定

cron で定期的に rsync バックアップ

サーバ側の設定

ここでは、CentOS 5 を使用する。

[root@lucida ~]# rpm -q rsync
rsync-3.0.6-4.el5_7.1
[root@lucida ~]# cat /etc/rsyncd.conf ★サーバ側の設定
uid = root
gid = root
read only = no
hosts allow = 192.168.1.2
hosts deny = *
log file = /var/log/rsyncd.log

[backup]
path = /home/share ★バックアップ領域

[root@lucida ~]# cat /etc/logrotate.d/rsync ★ログローテートの設定
/var/log/rsyncd.log {
        weekly
        missingok
}
[root@lucida ~]# iptables -nL
Chain INPUT (policy DROP)
target     prot opt source               destination         
 ...
ACCEPT     tcp  --  0.0.0.0/0            0.0.0.0/0           tcp dpt:873 ★ポート開放
 ...
[root@lucida ~]# chkconfig rsync on ★開始
[root@lucida ~]# chkconfig --list rsync
rsync           on

クライアント側

ここでは、CentOS 6 を使用する。

[root@courier ~]# rpm -q rsync
rsync-3.0.6-9.el6.x86_64
[root@courier ~]# cat /etc/cron.weekly/rsync-backup ★cron で週 1 で動かす
#!/bin/bash
/usr/bin/rsync -av --delete --log-file=/var/log/rsync.log /backup/* lucida::backup >/dev/null 2>&1

※/backup だけ指定すると、lucida:/home/share に backup ディレクトリが
 作成されてしまうので注意。

[root@courier ~]# cat /etc/logrotate.d/rsync ★ログローテートの設定
/var/log/rsync.log {
        weekly
        missingok
}