KVM

提供: Wikinote
移動: 案内検索

覚え書き

ISO イメージを接続する

virt-manager (GUI) を使用できない場合、virsh に専用のコマンドがないので、 virsh edit を使用する必要があるようだ。

# virsh edit <domain>
 ...
    <disk type='file' device='cdrom'>
      <driver name='qemu' type='raw'/>
      <source file='/mnt_vmware/isos/CentOS-4.8-x86_64-binDVD.iso'/> ★追記
      <target dev='hdc' bus='ide'/>

CD-ROM ドライブの追加

CentOS 6 の virt-manager では、なぜか CD-ROM ドライブを追加できない。 そのため、virsh edit で以下の XML を追記する。

# virsh edit <domain>
 ...
    <disk type='file' device='cdrom'>
      <driver name='qemu' type='raw'/>
      <target dev='hdc' bus='ide'/>
      <readonly/>
    </disk>

ディスクイメージの変換

  • vmdk から qcow2 に変換する場合
# qemu-img convert -O qcow2 /path/to/image.vmdk /path/to/image.qcow2

この変換は結構時間がかかる。2.8 GB 使用のディスクイメージで 40 分ほど。

  • vmdk から raw に変換する場合
# qemu-img convert -O raw /path/to/image.vmdk /path/to/image.raw

こちらは元ファイルがキャッシュに載っていれば数秒で完了するので、 実質はディスク I/O の時間がほとんどかと。

ドメイン名の変更

ドメインをシャットダウンした状態で、/etc/libvirt/qemu にある 対象のドメインの XML ファイルの名前を変更する。(不必要かも)

# cd /etc/libvirt/qemu

# mv test.xml myserver.xml

XML ファイルの /domain/name を書き換える。

# vi myserver.xml
<domain type='kvm'>
  <name>myserver</name>
  <uuid>...

libvirtd サービスを再起動し、名前が変更されていることを確認する。

# service libvirtd restart
libvirtd デーモンを停止中:                                 [  OK  ]
libvirtd デーモンを起動中:                                 [  OK  ]

# virsh list --all
 Id 名前               状態
----------------------------------
  - myserver             シャットオフ